注目企業

2017年02月16日更新

株式会社オクノ

時代の変化に対応して新しい供養文化を創造する

「人の態度は鏡です。自分が相手を信じ続ければ、相手も応えてくれると思います」と奥野社長

「人の態度は鏡です。自分が相手を信じ続ければ、相手も応えてくれると思います」と奥野社長

  • 墓石を展示するOKUNO GALLERY は照明普及賞を受賞!

    墓石を展示するOKUNO GALLERY は照明普及賞を受賞!

  • ペット用の墓「Petcoti」。北欧産の石が用いられている。

    ペット用の墓「Petcoti」。北欧産の石が用いられている。

株式会社オクノ(以下、オクノ)は今年で設立40年となる石材会社です。墓石販売店に石材を販売するのが主な業務。社長を務めるのは奥野慶大さん。33歳の若い経営者である。

就任当初から全社員が奥野社長を信頼していたわけではないだろうが、奥野社長は社員たちに真摯に向き合い続けた。今では社員と信頼関係を築くことができているという。

墓石を新規に取扱う異業種の先には販売のノウハウがない店もある。オクノはそんな小売店を支援するために10年以上前からITを駆使したシステムを開発・更新している。奥野社長が従来のシステムを改良し、試行錯誤の末、完成させたシステムが「iORS」。小売店向けの販売支援システムである。墓石販売に必要な機能と情報がすべてパソコン1台に集約されていて、販売のノウハウのない小売店でも販売が可能になる。

「オクノはお客様の満足を追求し、常に求められたもの以上のものを提供できるように努力しています。ITを活用することで石材の流通にかかる費用と時間を抑えることができ、お客様に満足していただけています」と奥野社長は語る。

近年では核家族化や経済的な事情により墓石に骨壺を納めるという従来の供養形態が徐々に減ってきており、石材の需要は減少傾向。そんな中、オクノはいち早く時流に順応した規格のラインナップを考案している。
また、最近はペットを家族の一員として考え、ペットを供養してあげたいという家庭が増えている。オクノはこういった需要に応えてペット用の墓『Petcoti』を開発した。ペットの死後もペットの存在を身近に感じられるような、家の中の風景に溶け込むデザインだ。

「オクノは2015年にスローガンとして『新メモリアル文化創造企業』を掲げています。お墓とは残された人が先立った人を偲ぶためのものです。従来の供養形態に囚われず、様々な形式の供養を選ぶ方や、事情があって従来の形の供養を選択できない方も大切な人を偲ぶことができるようにしたいです。それだけでなく、多様な形式の供養そのものを、新しい文化として育て、根付かせていきたいです」。奥野社長は業界の未来を担う意欲を見せた。

株式会社オクノ
奥野 慶大
岡山県笠岡市港町1-6
TEL 0865-66-5566
FAX 0865-66-1860
http://www.okuno-s.jp/

【出典:『仕事縁鑑』 https://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/21/sigotohoukan.html

注目企業一覧へ戻る
2019年11
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30