注目企業

2017年01月05日更新

明治グループ 岡山県食品株式会社

消費者視点の食品製造で最高の品質を目指す

「私たちは明治からザバスの製造を一手に引き受けています。ザバスを作るオンリーワンの会社であるという誇りがあります」と藤木社長。

「私たちは明治からザバスの製造を一手に引き受けています。ザバスを作るオンリーワンの会社であるという誇りがあります」と藤木社長。

  • ザバスは学生からプロまでアスリートの絶大な支持を得ている。

    ザバスは学生からプロまでアスリートの絶大な支持を得ている。

  • ザバス以外にも魅力的な製品が並ぶ。

    ザバス以外にも魅力的な製品が並ぶ。

岡山県食品株式会社(以下、県食品)は笠岡市にある株式会社明治グループの食品製造会社。粉末プロテイン、ゼリー飲料、レトルト食品、デザート食品を生産している。県食品の主力製品は粉末プロテインの『ザバス』。
プロテインではトップシェアを誇り、プロ野球の大谷翔平選手も愛用しているという超有名商品だ。このザバスプロテインの生産を委託されているのは明治グループの中で県食品ただ一社である。日本全国の店に並んでいるザバスプロテイン粉末は全て県食品の工場で製造されているのだ。県食品が作る製品が全国のアスリートを支えている。

「お客様に満足いただける品質を提供する」をモットーとし、食品の製造にあたり、食品の安全面、衛生面に細心の注意が払われている。徹底した品質管理のおかげで、2014年度の不良品の割合は製品400万個に対して不良品が1個。

しかし、藤木社長は「社員はこの数字に満足してはいけない」と言う。
「我々にとっては不良品が400万分の1であっても、実際に不良品を手にしたお客様にとってはそれが全てです。生産側はつい消費者の感覚を忘れてしまいがちですが、消費者感覚を忘れてはいけません」。

藤木社長は製品の安全・安心のみならず、味や食べやすさにもこだわっている。ザバスは粉末状のプロテインであり、湿度の変化に大きな影響を受ける。湿度の高い夏は製造時間が長くなるが、県食品では湿度の変化に応じて製造環境を変えることで夏でも溶けやすい製品を製造することができている。

そんな藤木社長は自社の製品が消費者に受け入れられているかいつも気になっているという。
「お店に行ってお客さんが私たちの商品を買い物カゴに入れてくれるのを見ると幸せを感じますね」。
藤木社長は照れくさそうに語る。


明治グループ岡山県食品株式会社
藤木 博明
岡山県笠岡市絵師156
TEL 0865-62-2124
FAX 0865-62-4116
http://www.okashoku.co.jp

【出典:『仕事縁鑑』 https://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/21/sigotohoukan.html

注目企業一覧へ戻る
2019年3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31