かさおか夢ワーク 「注目企業」からの最新情報 /notable_company/detail.php?id= 2017-09-20T04:01:32 「注目企業」の最新情報をお届けします。 社会を支える独自の発明 /notable_company/detail.php?id=26 2017-08-31 大和技研工業の企業理念は、お客様とともに発展する企業
]]> 現在、日常生活においてなくてはならないプラスチック製品だが、今から60年雨、戦後の日本では未知の素材だった。 その次代の素材といえば、紙、布材、木材、ガラス、陶磁器、鉄等の金属類が一般的であり...
幻の海苔の感動を皆様へ /notable_company/detail.php?id=25 2017-07-31 家族で力を合わせ丹精込めて育てた海苔はとても人気である
]]> 焼き海苔や味付け海苔など、日常の生活に欠かせない存在である海苔だが、その中でも幻の海苔を作っている人が、瀬戸内海に浮かぶ笠岡諸島の1つ、笠岡市高島にいる。 その人は妹尾孝之さん。奥さんの三恵さ...
消費者・地域・従業員のことを思い続け・・・ /notable_company/detail.php?id=24 2017-06-01 多方面へ配慮する坂本社長。
]]> 戦前から養鶏業の盛んな笠岡市。そのなかでも全国シェア第6、7位に位置する大規模鶏卵業の坂本産業株式会社は2015年で創業70年を迎えた。 小規模小売店の減少・大規模小売店の増加など、産業・...
基本を徹底したモノづくり /notable_company/detail.php?id=23 2017-05-01 中川社長が実践している「整理、整頓、清掃、清潔、躾」の5S が仕事の基本!
]]> 株式会社協栄(以下、協栄)は主に農業用機械の部品を作る企業。日本の機械産業を支えるモノづくりの企業である。 中川社長が社長に就任した当時、協栄は赤字が続く苦しい状況にあった。工場はものが散...
認知症の人たちにエスポアール=希望を /notable_company/detail.php?id=22 2017-04-01 佐々木院長の目標は「どう治すか」ではなく、「どう生きるか」
]]> 日本で初めて開業された認知症専門病院が笠岡市にある。佐々木健さんが院長を務める「きのこエスポアール病院」だ。開業された約40年前、認知症は「痴呆症」と呼ばれ、専門的に取り扱おうとする病院はなかっ...
身近な商品を彩る紙器(しき) /notable_company/detail.php?id=21 2017-03-01 「障がい者の方たちが一般の企業に就職できるようになるのが、私たちの目標かな」と小見山さん
]]> 「紙器(しき)」という言葉を聞いてみなさんは一体どのような物を想像しただろうか。紙の器と書いて「紙器」。わかるようでわからないこの言葉の意味する物は、意外にも身の回りにあるのだ。 紙器とは、一...
時代の変化に対応して新しい供養文化を創造する /notable_company/detail.php?id=20 2017-02-05 「人の態度は鏡です。自分が相手を信じ続ければ、相手も応えてくれると思います」と奥野社長
]]> 株式会社オクノ(以下、オクノ)は今年で設立40年となる石材会社です。墓石販売店に石材を販売するのが主な業務。社長を務めるのは奥野慶大さん。33歳の若い経営者である。 就任当初から全社員が奥...
消費者視点の食品製造で最高の品質を目指す /notable_company/detail.php?id=19 2017-01-05 「私たちは明治からザバスの製造を一手に引き受けています。ザバスを作るオンリーワンの会社であるという誇りがあります」と藤木社長。
]]> 岡山県食品株式会社(以下、県食品)は笠岡市にある株式会社明治グループの食品製造会社。粉末プロテイン、ゼリー飲料、レトルト食品、デザート食品を生産している。県食品の主力製品は粉末プロテインの『ザバ...
「もったいない」から業界トップシェア、そしてその先へ /notable_company/detail.php?id=18 2016-10-26 溝の入り具合や先端部分の丸みなど、工具の種類によって少しずつ違っている。新しい工具の開発だけでなく、特許取得にも力を注ぎたいと藤原社長は語る。
]]>  金属加工に欠かすことのできないドリルなどの切削工具。藤原社長は元々機械メーカーに勤めており、販売で近畿・中国地方のメーカーを回っていた。切れ味が悪くなり、消耗品のため使い捨てにされる事も多い工...
日本の下水道を支える /notable_company/detail.php?id=16 2016-08-31 笑顔の絶えない中村社長。女性であることにも、「男性だらけの業界なので、覚えてもらえていい」と明るく語る。
]]> どんなものにも寿命があるように、普段私たちが何気なく使っているトイレや風呂の水など生活排水を処理する下水道にも寿命がある。中でも、下水管は敷設から30年以上経過すると、道路陥没などの事故が増加す...